2019年11月13日水曜日

Olympic Games Posters 1972編【LIFE STORE】

こんばんは。
深江橋LIFE STOREです。

11月もそろそろ折り返しですね。
何かもう既に年末感が半端なく、そわそわしてしまっています。


そんなことより!今週は両店舗ともランプの大量入荷WEEK。
LIFE STOREは合わせてポスターや時計もまとめて品出ししている感じです。
Instagramのほうで小まめにUPしておりますのでぜひチェックして下さい。


BLOGでは今週も引き続き、おすすめARTの紹介をして参りますね。
ちなみに前回までの2回も見て下さっておりますでしょうか。

長らくうんちくBLOG担当的なポジションだったのですが、最近はLIFE STOREの2人が教えてくれる情報も多くて、
頼もしく嬉しく、私もさらに新しいものをお届け出来るよう頑張ろうと背筋が伸びる思いです
ポスターの詳細など色々載っているのでぜひ合わせてご覧ください。

皆で日々アイデアを出し合って、試行錯誤しつつ楽しみながらやっております。
私たちと一緒に頑張ってくれる方、引き続き募集中です。

無理やりのこじつけ感が否めないですが(笑)、興味のある方ご応募お待ちしております。







さて。今日のARTは1972s ミュンヘン オリンピックポスター特集。
遂に!まとまった種類をご用意することが出来ました💪

個人的には特にこの1970sものが大好きでして🤤🤤
72sも76sもキャッチーでデザイン性高いものが非常に多いのです。

(過去Blogにもちらっと載せてますので気になる方はこちらからどうぞ)



全部書けるかな??💦
一点ずつ紹介していきますね。


1作品目。
R. B. Kitajという画家が手掛けた作品です。

単純にデザインが好きなだけ、っていうのもあるんですけど
何かメッセージ性ありそうやなぁと興味があったので色々調べてみたんです。


深く考えたこと無かったけど、オリンピックってその年の世相がすごく反映されているんですね。
1972年ミュンヘンの時も開催前に色々あったみたいです。
ユダヤ人とか人種差別的なこととか。
その辺の歴史的な知識があれば、もっと詳しく説明出来そうなんですが、
よく分かってないので変に書かないでおきます。。

そういう背景もあってかこの年のオリンピックポスターって出回っている数が少ない?そうな。
さっき書いた人種差別的なこと以外にも、大きなテロ事件があったみたいで、
破棄された数が多い?のか元々少なかったのか定かではないのですが。。




で、このR. B. Kitaj氏もユダヤ人のルーツを持つアメリカ人なのだとか。
Youtubeに彼の作品の展覧会の様子がアップされていたので興味ある人はぜひ。
やっぱりとてもタイプでした。








2作目。
イタリアの彫刻家Marino Marini氏の作品。
馬と騎士の彫刻が有名なアーティストです。



日本でも有名な方なんですかね??
調べてみたら専門書もいくつか発売されているみたいでした。








3作目。
こちらはドイツの彫刻家 兼グラフィックアーティストPaul Wunderlich氏の作品。
官能系の作品を得意とする人だったみたいです。


他の作品見てみると、グラフィックも結構独特。
ちょっと毒っ気があって可愛らしい感じ。










4作目。
オーストリアの画家Oskar Kokoschka氏の作品。
グスタフクリムトと並ぶ、近代美術を代表するアーティストみたいですよ。






5作目。ガラっとテイストが変わります。
ドイツの画家Otmar Alt氏の作品です。

ドイツを代表する有名なデザイナーでもあるらしいのですが、ご存知の方いらっしゃいますか??
置物や食器とか、雑貨も色々デザインしているみたいですので、
北欧ヴィンテージに詳しい方は知っているのかな??

公式サイトがあったので貼っておきますね。可愛らしかったです。
興味ある方はどうぞ http://otmar-alt.de/









6作目。
スコットランドの画家 Alan Davie氏の作品です。




音楽家でもあったらしく、だからかは分からないのですが
どの作品も踊り出しそうなポップな描写が多くて見ているだけで楽しくなりました。



こちらもYoutubeに作品集があったので貼り付けておきますね。









7作目。
イギリスの画家、Richard Smith氏の作品です。

原版ではフラットなポスターでは無く、表彰台部分は紙を貼り合わせて立体的に作られているみたいです。
こちらはプリントものになるのでフラットタイプ。

表彰台の上に広い緑が広がっているような絵は、
スミスが思い描くオリンピックの色彩とイメージで描いたデザインなんだとか。


海外ですが、特集されているサイトがありましたのでリンク貼っておきます。
抽象アート的な感じでとっても好みでした。
https://www.flowersgallery.com/ex








8作目。
イタリアの画家Piero Dorazio氏の作品。
抽象アートを得意としていた方だったみたいです。

新体操をイメージして描かれたとかなんですかね??
リボンテープみたいなデザインが可愛らしいですよね。
他の作品を見ていても、線をベースにして描かれたアート作品が多かった印象です。







9作目。アメリカのアーティスト Tom Wesselmann氏の作品。
これも単純に見た目のデザインが好き!です。



他にどんな作品があるのかなーって見てたら色々可愛かったです。
絵画とアクリルスカルプチャーを混合したコラージュ作品とか、ポップアートなグラフィックとか最高でした。
作品集買おうかなぁ。気になります。









ラスト10作目。
こちらは以前にも紹介しました、ドイツの芸術家Horst Antes氏の作品です



この横顔がアイコンなんですかね??ほとんどの作品がフェイスモチーフでした。
でもどれも違って独創的で面白い!



グラフィックアートだけでなく、こんな感じでパブリックな彫刻作品も沢山手掛けていたみたいですよ。




いかがでしたでしょうか。

1972年のオリンピックポスターは、28人の著名アーティストに依頼した4部門制作品で構成されていて、
今回WANTがご案内した作品たちは、全てアートシリーズエディションという枠のものになります。

このアート枠、1972ミュンヘンからスタートしたシリーズなんです。
他の部門よりとても少ない生産量(原版は200部限定、公式マーク付きのプリントも
数千部とからしい)なのでなかなか手に入らない貴重なアイテムだと言われています。


明日から店頭/ONLINE共に10作品まとめて入荷です!
ぜひぜひご覧下さい。

よろしくお願いします。

--------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE LIFE STORE
〒537-0001  / 大阪府大阪市東成区深江北2-10-4
Open/12:00-20:00  定休日/年末年始のみ
TEL&Fax / 06-4308-4448
MAIL / info@want-antique.com
WEB / http://www.want-antique.com/     
--------------------------------------------------------

2019年11月10日日曜日

個人的お勧め商品紹介【East Store】

初めまして。
EAST Store新人です。(4月から働いていますが...)
今回初めてのブログなので、上手く書けるかわかりませんが頑張りたいと思います。


まず初めに私の趣味について書こうと思います。
私は結構インドア派で休日に映画を見たり、音楽を聴いたりしています。
外出は最近全然していないです...。たまには外に出て体を動かしたいですね。

最近見た映画「死刑台のエレベーター」がとても面白かったので紹介したいと思います。
内容は、不倫関係の男と女が一緒になるために、男が女の夫を自殺に見せかけて殺害します。
完璧なはずの殺人計画だったのですが、エレベータの電源が落とされて殺人をした男が出られなくなってしまいます。それに加え、偶然に偶然が重なり話がどんどん複雑に・・・とても面白い映画ですので是非見てみて下さい。

映画中に流れる音楽はジャズの帝王、マイルス・デイヴィスがトランペットを演奏し手掛けています。
派手な曲ではないですが、躍動感のあるトランペットが映画の場面を盛り上げてくれます。
音楽に集中して映画を見てみるのも良いですね。

私初めてのブログですので、とりあえず私が欲しい商品や家に置きたい商品をご紹介していきたいと思います。

まず1990's C.Jere Jazz Band メタル ウォール スカルプチャーです。

 C.Jere のウォールスカルプチャーで "Jazz Band”と呼ばれる作品です。
昔のジャズの映像などみると白黒で本当にこういう風に見えるんですよね...

 凄い細かく繊細な作りです。
 立体的な作りになっており、バンドマンのシルエットにとても躍動感があります。
今にも音楽が聞こえてきそうです。

C.Jere 1991と サインも入っています。
お部屋にも取り入れやすいサイズでこの壁掛けを飾るだけで、お部屋の雰囲気がガラッと変わりますよ。

〖サイズ〗
H720mm W940mm D60mm 3.9㎏
オンラインショップ詳細ページ

1940's ヴィンテージ シャビーペイント ウッドテーブル


 何といっても天板のイエロー、グリーンの鮮やかなペイントがとても目を惹くデザインです。
ウッドの使い込まれた感じや、ホワイトの塗装の剥がれが天板のペイントとすごくマッチしており、とてもセンスの良いテーブルです。



引き出しも付いており、ちょっとしたものを入れるのにピッタリです。
クラシックな家具には勿論インダストリアルな家具とも相性抜群です。
サイズも小ぶりですのでご家庭にも取り入れやすいテーブルです。
〖サイズ〗
H760mm W1060mm D630mm
オンラインショップ詳細ページ

Herman Miller社 ヴィンテージ DCMチェア
 かの有名なイームズによってデザインされた代表作の一つ、DCMチェアです。
 この佇まい皆さんいかがでしょうか?
とてもかっこ良いと思いませんか。

 座面や背もたれの曲線が美しく、鉄のフレームもシンプルで格好良いです。
また見た目だけでなく、座面や背もたれの曲線はお尻や背中にフィットするように出来ており、クッションが無くても長時間座っていられます。
ゴム製のショックマウントも付いており、背中が痛くならない様になっています。
とてもシンプルな見た目なので、空間を選ばずにどこに置いても絵になりそうです。

〖サイズ〗
H770mm 座面H440mm W495mm D540mm




最後に 1950-60's チェーンソーアート ウォールデコ を紹介します。
 1950年代アメリカを代表するチェーンソーアート"witco"のウォールアート
 とても立体感のある作りです。チェーンソーで木を切って作ったとは思えない繊細さです。
 木の表面に色付けされ、立体的な造形が、更に引き立ちます。
木を切ることで年輪の方向が変化して、作品の滑らかさを出しているのもこのアートの見所です。
 木目で木の温かさを感じます。


あのエルビス・プレスリーもWitcoアートがすきでWitcoの作品だけで揃えた部屋があるらしいです。
こちらの商品は大きいサイズですので、壁面にひとつあるだけで空間映えするアイテムです。
〖サイズ〗
H830mm W1285mm D65mm 重量12kg
このWitcoアートを紹介するに当たり、チェーンソーアートについて調べたり、動画を見たりしたのですが本当にあのチェーンソーで作っていました。凄すぎです。

こんなのもチェーンソーアートらしいです。

気になる方はyoutubeで動画を見てみて下さい(Witcoの動画は無さそうですが)

今回の商品紹介は以上になります。
また近いうちにブログを書くと思いますので宜しくお願い致します。
ご閲覧頂き有難うございました。
---------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE EAST STORE(倉庫店舗)
〒578-0922/大阪府東大阪市松原1-12-21
オープン/ 13:00〜19:00
TEL&Fax / 072-961-6020
MAIL / info@want-antique.com
WEB / http://www.want-antique.com/           
---------------------------------------------------------

2019年11月8日金曜日

お勧めのレザーソファ/インダストリアルスツール/照明が豊富に追加中!!【EAST STORE】


EAST STOREです。

今日もお勧めアイテム、ご紹介していきます。
ゆったりサイズのレザーソファ。
むっちりと張りのあるクッション。
ボリュームある背もたれの鋲留めデザインが、リッチな雰囲気です。


サイズはH860mm W2200mm D980mm SH500mm
このサイズ感のソファだと、W2400mmを超えてくる事も多いんですが、こちらは2200mmと比較的少し小さめ。
20cmのサイズ差は、部屋に取り入れる際に結構重量なサイズになってくるかと
思います。


座って、少しずつできた座面のしわなど、程よく使いこんだ一脚。
これから長く使って、より良い味の出そうなソファです。



インダストリアルスツールも、カラフルに揃っています。

LYON社のものなど、カラーリングや雰囲気はそれぞれ異なります。


シルバーやレッドなど、綺麗に塗装がされたものや、錆びて使い込んだものなど、いろんな雰囲気でインテリアを楽しめそうです。

最近は、スツール使いの他、プランタースタンドなど、椅子以外の用途に探されている方が多いです。
こんな風に、いろんな表情で集まりましたので、お気に入りを見つけてください!


スペシャルなミッドセンチュリーアイテムも!
バレルバーカウンター/チェアset

ウイスキー樽が使用された家具で、1960-70's頃に流行したデザイン。

当時の資料を見つけて。
こんな風にダイニングやソファなど、いろんな家具がデザインされていたんです。
ここまで揃った空間は羨ましいですね。
ダイニングなど、WANTでも過去に取り扱ったアイテムもありますが、今となってはとても貴重なアイテムばかり。

座面は上記資料と同じ、カラフルなダイヤ柄。他にもブラウン一色などの単色パターンも作られていましたが、このカラフルパターン珍しいタイプです。

一部、破れ補正がありますが、一見分からない程度なので、状態はとても綺麗なチェア2脚です。

カウンターも樽のシルエットを活かした、ユニークなデザインです。
 こちらはキャスターが付いていて、重量はありますが移動がしやすい作りになっています。

サイズはH1030mm W1210mm D670mmと、そこまで大きすぎないサイズです。
お部屋に入れて、ホームカウンターとして日本でも楽しめる一台ですね。
裏面も収納豊富なので、ボトルなどのバーアイテムも綺麗にしまっておけます。
コンディションの良い、貴重なミッドセンチュリーカウンターset、お好きな方はお早めに!!詳細ページ


LANE社の、あまり見かけないデザインのテーブルも入荷しています。
 1970’sのセンターテーブルで、収納がたっぷりと付いた便利な作りです。


サイズはH380mm W1420mm D535mm

下段はスライド式の扉が一枚付いていて、2カ所の収納の片側を閉じる作りになっています。

こんな風に一枚扉なので、左右どちらかの収納を隠す作り。

片面のみ背板のない作りなので、作り的にTVボードとしてもお勧めです。
低めのTVボードは現代の家具の作りで、当時の家具にはない作りです。
こちらのテーブルは、サイズ的にローボードとしてもお勧めの作りになっています。
お探しの方も多い形ですので、気になる方は是非ご検討ください!



それから、毎日リペアを進めて、たっぷりと照明アイテムが追加されています!

毎日色んなジャンルの照明が追加中ですので、楽しみにお越しください!




人気のシャンデリアも、店頭に追加しました!
今回も素敵なデザインが豊富に集まりましたので、こちらも是非チェックしてください!




家具もまだまだお勧めが豊富です。

このあたりも、近日中に手入れを終えたものが新たに追加します。


それでは、今週末もたくさんのご来店お待ちしております!

---------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE EAST STORE(倉庫店舗)
〒578-0922/大阪府東大阪市松原1-12-21
オープン/ 13:00〜19:00
TEL&Fax / 072-961-6020
MAIL / info@want-antique.com
WEB / http://www.want-antique.com/           
---------------------------------------------------------